冷え性と睡眠 寝室の環境改善




睡眠と冷え性というのは、とても深く関係しているのです。

1日のうちで、人の体温というのは朝起きる前が最も低いとされています。
そして、起床後に徐々に上昇していき、夜になって下がってくる事で、眠くなるのです。

それでは、何故人間は夜になると体温が下がるのでしょうか?

それは、基礎代謝を抑制するために、体温を下げて脳を休ませるためなのです。
冷え性の人の場合、血液の循環が悪くなっているため、体温を下げる為に皮膚から放熱させるという事が上手にできないのです。

皮膚から熱を放出させる為には、血管を拡張させて血液を皮膚の表面に集める事が必要なのですが、その事がうまく行えないのです。
よって、深い眠りにつくという事が困難になる為、冷え性の改善が必要となります。

続きを読む

(C) 2009 冷え性改善対策